津堂城山古墳(允恭天皇藤井寺陵墓参考地)の行き方と詳細はこちら

津堂城山古墳(つどうしろやまこふん)はこんなです!!

津堂城山古墳ってご存知ですか?古市古墳群の中でも古く推定築造時期が4世紀後半と言われいます。

 

津堂城山古墳(允恭天皇藤井寺陵墓参考地)の行き方と詳細はこちら

 

形は前方後円墳で、墳丘の長さ208メートル、前方部の幅117メートル、後円部の直径128メートルで、くびれの部分には造出しと呼ばれる出っ張りがあるという特徴があります。

 

こちらの古墳は室町時代に古墳の地形が利用され、お城が建っていたことがあり城山という名がついています。
また、津堂というのは、こちらの地域名で、津堂城山古墳という名前になっているようです。

 

津堂城山古墳(允恭天皇藤井寺陵墓参考地)の行き方と詳細はこちら

 

さらに戦国時代には、三好氏の砦として小山城が築かれたことで墳丘の形が大きく崩れて小さくなってしまったとも言われています。

 

その小山城は津堂城山古墳を利用した城郭で、古墳は二重の堀が巡らされ、古墳の丘陵を本丸、南西下に二ノ丸、堀を挟んで南西に三ノ丸と続いていたそうです。

 

津堂城山古墳(允恭天皇藤井寺陵墓参考地)の行き方と詳細はこちら

 

津堂城山古墳は神社も隣接しており、公園にもなっています。まだ整備される前の林の状態の時から、地元の人が普通に散策していてようで、古墳という敷居の高さのない日常的に訪れることの出来る場でもあったようです。

 

とはいえ、現在は、墳丘と内濠だけが現存していて、小さな古墳にみえますが、本来は、二重の濠と堤をめぐらせた総長436mにもおよぶ巨大古墳で、明らかな大王級の前方後円墳でありながらも、石槨や石棺の様子が調査されて、貴重な資料となる写真が残っている古墳は、この津堂城山古墳だけだそうです。

 

津堂城山古墳(允恭天皇藤井寺陵墓参考地)の行き方と詳細はこちら

 

因みに、現在、内濠部北側に「史跡城山古墳ガイダンス棟・まほらしろやま」があり、そこで津堂城山古墳についての展示や掲示がされていていろいろと知ることができます。

 

その中には、衝立形埴輪や円筒埴輪や、外には再現された石棺も展示されています。因みにこの石棺は兵庫県の高砂にある竜山石で出来ているのがわかっています。

 

津堂城山古墳(允恭天皇藤井寺陵墓参考地)の行き方と詳細はこちら

 

僕自身、四世紀のトラックや車もない時代に、こんな大きな石の棺をどうやって運んだのか?と不思議に思い考えて見ましたが、地理的にみると採石場からなら、船で川→海→川なら可能だと思いました。

 

実際、この時代は神功皇后が船で九州や朝鮮半島征伐に行っているくらいですから、船なら十分運べるだろうなっと思いました。それでもかなり大変ではあると思いますけども。

 

 

津堂城山古墳の行き方;アクセス

 

地図

 

日本、〒583-0037 大阪府藤井寺市津堂

 

場所:近鉄藤井寺駅より北へ1.6キロメートル徒歩約23分。もしくは近鉄藤井寺駅より近鉄バス小山バス停すぐです。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

峯ヶ塚古墳 出土品はどんな?世界遺産への行き方は?【地図有り】
峯ヶ塚古墳(みねがづかこふん)は、世界遺産登録された古市古墳群の内の一つの古墳です。また、内部施設が発掘調査されて出土品が確認されている数少ない前方後円墳です。その峯ヶ塚古墳の行き方と地図もご案内します。
五色塚古墳を見学しに行こう!場所はここ
兵庫県神戸市垂水区にある五色塚古墳は、古墳がつくられた当時の状態を再現された古墳として大人気。当時、全体でおよそ2200本も並べられていたと推測される埴輪列も圧巻。近年パワースポットとしても話題になっています。その五色塚古墳がどんなかと場所をご案内します。
応神天皇陵は超パワースポット
応神天皇は八幡神。その応神天皇が眠る古墳は当然超パワースポットなわけです。因みに、応神天皇陵は、百舌鳥・古市古墳群の一つの古墳で、ユネスコの文化遺産にも登録されています。仁徳天皇陵(大仙天皇陵)についで二番目の大きさです。その応神天皇陵について行き方も含め詳しくレポートしてます。
ヤマトタケルの白鳥陵
軽里大塚古墳は、宮内庁に白鳥陵古墳として治定されたヤマトタケルの古墳です。また、この古墳のある羽曳野市の名前の由来となっている古墳でもあります。その白鳥陵古墳の行き方やどんな古墳なのかをレポートしてみました。宜しければご覧下さい。
清寧天皇陵古墳の行き方は?!
百舌鳥・古市古墳群を構成している古墳の一つで第22代天皇である清寧天皇陵の西浦白髪山古墳で、河内坂門原陵(こうちのさかどのはらのみささぎ)です。この古墳への行き方や地図、もちろん古墳そのものの詳細をご案内しています。どうぞご覧下さい。
仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)
仁徳天皇陵へ行こう!世界遺産登録された百舌鳥・古市古墳群中でも一番の大きさと知名度を誇るのがこの大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)です。その古墳への行き方はもちろん、どういった古墳なのかの詳細などもレビューしています。是非ご覧下さい。
仲哀天皇陵古墳へ行こう
第14代天皇の仲哀天皇陵古墳は、正式には、岡ミサンザイ古墳(仲哀天皇惠我長野西陵)と言います。父がヤマトタケルで奥さんが神功皇后なので、実在性が疑われる天皇と言われていますが、古墳そのものは大型で全国でも16位の大きさ、古市古墳群では第3位の規模の古墳になります。その古墳への行き方と詳細をご案内します。