西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

西宮えびす 2023 えべっさんへ行こう!

えびす宮 総本社 西宮神社は 福の神である”えびす様”をおまつりしている日本全国に約三千ある神社の総本社になります。

 

西宮神社の本殿は、三連春日造(さんれんかすがづくり)と云う珍しい構造になっていて、とても荘厳で美しいつくりになっています。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

てか、西宮のえべっさんといえば、10日えびすの”商売繁盛で笹持って来い♪”が関西人としてはデファクトで、この時ばかりは、パンダより笹を欲します。また、全国的には、福男選びで有名かと思います。

 

 

 

誰もがえびす様の福をいただきに訪れるのは勿論ですが、特に、ビジネスパーソンの商売運向上のパワースポットとしては、欠かせない神社だとも言えるでしょ。

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

西宮神社のご祭神は?

 

本殿に向かって右からが第一殿で、蛭児大神を祀り、中央が第二殿、天照大御神及び 明治初年に大国主大神を配祀、左が第三殿で須佐之男大神を奉斎しされていますが、境内には、その他にもいくつもの末社や摂社の拝殿があります。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

西宮えびす神社 2022へ初詣にいこう!!

 

西宮神社の初詣では、元日午前0時、拝殿で初太鼓が打ち鳴らされるのを皮切りに、賽銭箱の前で待っていた参拝者が一斉にお賽銭を投げ入れて、今年一年の平安と更なる発展を祈られます。

 

招福御幣・御札・御守り・福銭・絵馬・御神像・干支土鈴や、おみくじ、 特に「たいみくじ」が人気です。

 

また、午前六時には、歳旦祭(さいたんさい)で、新年を祝い、国の隆昌と皇室の弥栄、氏子崇敬者の繁栄がお祈りされます。

 

是非、あなたもご機会があれば、西宮神社で今年一年の福を御祈願されませんか。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

 

 

ご利益を強化する参拝方法

 

十日えびすで西宮神社の本殿だけを参拝するのも良いですが、実は、併せてお参りしておくと尚ご利益が強くなると言われている参拝方法があるってご存知ですか?

 

実は、これには、二つポイントがあります。

 

まず、今からご紹介する一つ目は、西宮神社のえびす様をお詣りする際独特の参拝方法になります。
それは、西宮神社の本殿のえびす様と南門すぐ左側(沖美酒神社)にお祀りされている荒魂のえびす様も当日、併せて、一緒にお詣りする事です。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

そして、二つ目が、一般的なえびす様に当てはまる参拝方法になります。

 

基本、えびす様というのは、七福神の一柱でもあられます。なので、他の七福神様も併せてご参拝しておくと尚よしなわけですが、特にえびす様と相性の良い神様がいらっしゃるんです。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

それは、大黒天様です。

 

実際、えびす様をお祀りする神社の境内には、大黒天のお社もあり、それは、西宮神社にもありますし、大阪の今宮戎神社にもあります(※ただし、今宮戎神社の場合は、近くに大黒様を祀る神社があるので、そちらをまずお詣りしてから、今宮戎神社を参拝するという独特の作法があります)。

 

話をもどしますと、なぜ、大黒様とえびす様をお詣りするのが良いかというと、実は、えびす様と大黒様は、一説によると孫や親子の関係になると言われているからです。

 

なぜかというと、大黒天様は、大国主命(おおくにぬしのみこと)とインドの神様が習合した神様と言われており、西宮神社のえびす様は、伊邪那岐と伊弉冉から生まれた水蛭子だといわれているので、大国主命の六代前の先祖の兄もしくは、日本書記では叔父(※今宮戎神社のえびす様は、大国主の子どもである事代主命と言われているので、親である大国主神社の大黒天をお詣りしてから、今宮戎にお参りする習わしとなっています)にあたるので、えびす様をお参りしてから、大黒天をお詣りとなります。

 

ただ、そこの順番は、それほど強くこだわらなくても良いかと思います。本殿が、えびす様なので、まず、えびす様からという感覚で良いかと思います。

 

また、一般に、七福神の中でも、大黒天様は、神使がねずみで、子(ネ)の年の歳神様でもあられるのでねずみの歳は、特にご祈願しておきたい神様になります。(もちろん、子年以外も商売繁盛の神様にお参りするのは良い事ですよ)

 

因みに、先ほどもお伝えしたように、大黒天様は、大国主命(おおくにぬしのみこと)とインドの神様が習合した神様とも言われていますので、大国主様をお祀りしている神社でも良いですし、子年の守護仏であられる千手観音をお祀りされているお寺と併せてお参りするのも良いです。
(お寺で大黒天様がお祀りされている場合、中には、同じ社に千手観音様が合祀されているところもあるからです。)

 

 

西宮のえべっさん(10日えびす)例年の開始時間について

 

西宮神社といえば、”えべっさん”です。例年、「十日えびす」は、一月十日を中心に九日から十一日までの三日間行われ、毎年100万人を超える参拝者が訪れる新年のビッグイベントです。

 

九日の「宵えびす」では、「献湯式(けんとうしき)」、 「宵宮祭(よいみやさい)」が行われた後、深夜十二時にすべての神門が閉ざされ大祭を行う前に身を清め、静寂の時を過す時間を持つための「居籠(いごも)り」に入ります。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

そして、明けた十日午前四時に「十日えびす大祭」が厳粛裡に執り行われます。

 

その大祭終了後の午前六時に、いよいよ表大門(赤門)が開かれ、恒例の「開門神事福男選び」が行われるのです。

 

そのように例年の境内は十日の「本えびす」から十一日の「残り福」まで、福を求める参拝者であふれるそうです。

 

西宮えびすの福男選びについて

 

毎年、メディアでもとり上げられ全国的にも有名な西宮神社の開門神事である”福男選び”は、江戸時代ごろから始まったとされ、境内で厳かに行われる十日えびす大祭が終了する午前6時を期して、表大門(おもてだいもん)が開かれ、外で待っていた参拝者が、一番福を目指して230m離れた本殿へ「走り参り」をします。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

また、福男とは、本殿へ早く到着した順に1番から3番までがその年の「福 男」として認定されます。

 

「福 男」には、認定証・ご神像・副賞そして特別の半被が授与され、その年の開門神事のあとに福男3人による鏡開きが行なわれ、参拝者にお神酒が振舞われるんです。

 

また先着5000名の参拝者には「開門神事参拝之証」を無料授与されるそうです。

 

因みに、例年、西宮神社の開門神事”福男選び”の場所割り抽選は、1月10日の午前0時より先着1500名より南門前で行われているそうです。

 

詳しくは西宮神社でお問い合わせ下さい。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

西宮神社への行き方 | アクセス方法

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

 

【住所】 〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1-17

 

 

西宮えびす神社の駐車場について

 

平素は、境内の西南にある無料駐車場が使えますが、10日えびす開催期間中(1月9日ー11日)は、交通規制が行われ神社の駐車場が使えません(近隣、駐車上も限りがあります)ので、基本は、電車・バスの公共機関でのアクセスとなります。

 

 

【電車でアクセスする場合】

 

  • 阪神本線「西宮駅」えびす口より徒歩5分
  • JR神戸線「さくら夙川駅」より徒歩10分
  • 阪急神戸線「夙川駅」より徒歩15分

 

【バスでアクセスする場合】

 

  • 阪急西宮北口駅:南口広場より阪神バス又は、阪急バス「阪神西宮」行き、「阪神西宮」下車し、えべっさん筋を南西へ徒歩すぐ
  • JR西宮駅:バス北ターミナルより阪神バス又は阪急バス「阪神西宮」行き、バス南ターミナルより、阪神バス「阪神西宮」行き、「阪神西宮」下車し、えべっさん筋を南西へ徒歩すぐ

 

※十日えびすで、交通規制の期間中は通常の路線バスで「西宮戎」下車にて徒歩およそ400メートルになります。
他の期間は「阪神西宮」下車が最寄になります。

 

【車でアクセスする場合:(規制のない平素の場合)】

 

【神戸方面からの場合】
  • 阪神高速3号神戸線「西宮出口」降りてすぐ左手、国道43号線沿い「南門」より、
  • 国道2号線「産所町交差点」を右折し、えべっさん筋(県道193号線)を南へ、阪神電車高架をくぐり、「室川質屋」手前の「西宮神社会館入口」、または会館入口より南へすぐ右手「東門」よりお入りください。

 

【大阪方面からの場合】
  • 阪神高速3号神戸線「武庫川出口」降りて国道43号線を西へ、「戎前交差点」を右折、表大門(赤門)を通り過ぎてすぐ、左手の「東門」より、
  • 国道2号線「産所町交差点」を左折し、えべっさん筋(県道193号線)を南へ、阪神電車高架をくぐり、「室川質屋」手前の「西宮神社会館入口」、または会館入口より南へすぐ右手「東門」よりお入りください。

 

 

※平素の西宮神社にお参りされる場合は、は、下記の地図にあるように西宮神社境内の西南にある無料駐車場はじめ、付近にタイムズなどの駐車場がありますのでどうぞご参考下さい。

 

 

 

西宮神社の概要

 

西宮神社は福の神として崇敬されているえびす様をお祀りする全国の総本社として広く信仰されています。

 

恵比寿様は神戸和田岬の沖で実現される鳴尾の漁師がお祭りしていましたが、西の方に宮地があるとの神託で、現在の西宮戎神社の地へお越しになられたと伝えられています。

 

その年代は明らかではありませんが、平安時代後期には、すでに文献に見ることができます。

 

古くより漁業の神として信仰されてきましたが、門前に市が立ち、西宮の町の発展とともに、商売繁盛の神様として、また、人形操りなどの芸能や七福神信仰を通して、さらに津々浦々へと広がっていきました。

 

1月9日から11日の十日戎には百万人に及ぶ参拝者で賑わいますが、本えびすの十日午前0時に神門を閉じて、神職は、いごもりを厳修します。

 

そして午前6時の表大門の開門と共に、走り参りを行う風習があり、福男が選ばれます。

 

奉納マグロもチェックしよう!

 

毎年、本殿を参拝すると、お賽銭を付けた冷凍マグロまるまる一匹が奉納されています。なかなか本物のマグロを観る機会も少ないと思いますので、是非とも必見です。

 

西宮えびす 2023アクセス方法はこちら| えべっさんの西宮神社の行き方と開催日程は

 

 

 

 

関連ページ

廣田神社の行き方
廣田神社は、天照大神の荒魂を祀るスピリチュアルな超パワースポットです。神功皇后によって創建され、京の宮に対して、西の宮として、西宮市の名前の由来にもなっている神社です。えべっさんで有名な西宮神社は、元々、廣田神社の摂社です。詳しくはこちら。行き方と地図もご案内しています。
多田神社|清和源氏発祥の神社
兵庫県川西市にある清和源氏発祥の神社が、多田神社です。清和源氏といえば頼光が金太郎ら家臣を引き連れて、大江山で鬼退治したお話が有名ですが、その鬼の首を洗ったとされる池もこの神社内にあります。そんな多田神社のご利益はいかに?他にもある源氏の伝説がすごいですよ。是非ご覧下さい。
生田神社|恋愛成就のパワースポット
生田神社の初詣 2022へのアクセスはこちら!生田神社は神戸の地名の由来にもなっている神社。恋愛成就や縁結びでも有名ですが、その他様々な祈願が出来る神社です。平素はもちろん、新年のはじまりの初詣でには是非行きたい神社です。行き方や生田神社についての詳細をご紹介します。
伊勢神宮へのアクセス方法|超パワスポ
伊勢神宮といえば、お伊勢さん参りで有名な超パワースポット神社。その伊勢神宮への行き方やアクセス方法をご紹介。最近では、出川哲朗の充電させてもらえませんか?で、伊勢神宮が、稲垣吾郎さん、草g剛さん、香取慎吾さん登場の回のメイン目的地にもなっていました。是非、あなたも伊勢神宮を訪れていませんか?どうぞご覧下さい。
充電させてもらえませんか伊勢神宮まとめ
出川哲朗の充電させてもらえませんか?の伊勢神宮への参拝(お伊勢参り)で出川哲郎さんと元SMAPの稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾行の三人とで巡って立ち寄ったコースの場所をまとめてみました。三重県の観音山公園をスタートし、お伊勢参りをして、志摩半島の英虞湾の夕日を目指す旅はこんなでした。
今宮戎神社のえべっさん
今宮戎神社2023へ行こう!大阪のえべっさんといえば今宮戎神社の十日えびす。その今宮戎神社への行き方・アクセス方法から、秘密のご利益強化の参拝方法や、福娘や御朱印情報などお届け。商売繁盛で笹もってこいと福を授かりましょう。
大阪の大国主神社
大国主神社2022/2023へ行こう!種銭というお財布に入れて金運アップのお守りのご利益で有名な大阪の大国主神社へのアクセス方法や行き方はこちら。狛ねずみの居る大国主神社は、種銭の金運上昇で大阪のテレビでも話題になり御朱印も人気です。秘密の参拝方法もご案内。
京都ゑびす神社
京都ゑびす神社2023(通称京のえべっさん)へのアクセス方法・生き方のご案内です。その他、京都えびす神社独特の参拝方法やそのご利益なども併せてお伝えしております。京都のえべっさんといえばこちらへどうぞです。
厳島神社
国宝で世界遺産登録もされた厳島神社へのアクセス方法と行き方はこちら。厳島神社は、様々なご祈祷をしてもらえますが、日本の三大弁財天の一つでもありますので、特に財運や芸能のご利益に訪れる人も多いです。その財運をお願いする時に、知っておくとさらに良い日やお参り方法があるのご存じですか?それこっそり、教えちゃいます。
住吉大社
大阪の超パワースポットの住吉大社への行き方・アクセス方法のご案内と大阪で一番ともいわれる初詣や商売繁盛や財運祈願でのご利益でも有名な初辰まいりや住吉市戎などなどご紹介。 住吉大社の神様は住吉大神と神功皇后の4柱が4本宮に祭神として祀られ、その他、摂社・末社で多様なご利益を授かれる凄い神社です。
白崎八幡宮
白崎八幡宮のお守りが今話題。先のテニスの全豪オープンの際、優勝した大坂なおみ選手が会場でつけていたお守りが話題になり、それが山口県岩国市の白崎八幡宮のお守りだと判明。通販でも購入できるので気になる方は是非手に入れてください。詳しいことはこちら。
豊中えびす祭
豊中えびす祭 2022が1月9日1月10日1月11日に始まります。豊中えびす神社は、服部天神宮の境内にあり、そこで毎年行われる豊中えびす祭は、福娘発症の祭りとしても有名です。そのアクセス方法や詳細については、こちらをどぞ。
池田えびす
池田えびす祭り2023は、大阪府池田市の呉服神社の境内にある恵比寿神社で1月の9日10日11日に行われる十日恵比寿です。今年一年の商売繁盛と福を願って七福神の一柱でもあるえびす様にお参りしに行きましょう。アクセス方法と詳細については、こちらを是非ご覧ください。