豊中えびす祭り 2023 アクセス方法と詳細はこちら!服部天神宮にあり

豊中えびす祭り 2023に行こう!

豊中えびす祭は、阪急服部天神駅のすぐ近くにあり、毎年、1月の9日・10日・11日に行われ、35万人規模の人出で賑わう、北摂地域でも大規模な”えびす祭”です。
是非、あなたも、今年の福と商売繁盛を願い是非詣でて見られてはいかがでしょう。

 

豊中えびす祭

 

 

豊中えびす神社について

 

御祭神:蛭子大神(ひるこのおおかみ)

 

豊中えびす神社御由緒

 

豊中えびす神社は服部天神天神宮境内やしろになります。
豊中えびす神社は昭和25年秋当時籠神社のかとうゆうじが採点を奉仕していた花やしき繁盛稲荷社サントリー創始者鳥井信治郎氏の体ないやしろの社殿5ペン替えを機に旧社殿を譲り受け足の神様として全国に広く信仰を有する境内に移築しましの主語はお足かっこお金かっこ閉じるの守護に通ずるとして同年12月西宮神社の御分霊を完成してこの社殿に奉斎し境内やしろ服部えびすじんじゃお掃除し翌昭和26年1月最初の恵比寿西を最高したのがこの神社の始まりですその後氏子有志によってえびす講が結成せられ以来えびす講を中心に豊中商工会議所をはじめ豊中市内市場商店会並びに市民をあげての御奉賛により年々歳々豊中えびす祭は賑わいを提出今やとしのはじめのえびす際には商売繁盛を祈願する参拝者は約35万人を数え、平成15年に社名を豊中えびす神社に改称し、今日に至っています。

 

豊中えびす神社への行き方:アクセス方法

 

住所:〒561-0851 大阪府豊中市服部元町1-2-17 服部天神宮内

 

阪急服部天神駅すぐ

 

[地図]

 

詳しくは、下記の公式サイトでご確認ください。

 

<<豊中えびす公式サイトはこちら>>

 

 

 

足の神様 服部天神宮とは

 

御祭神

 

少彦名命(医薬の祖神)
菅原道真公(学問の神)

 

豊中えびす祭

 

少彦名命と服部天神宮の創建

 

その昔、朝鮮から機織りの技術を我が国に伝えた人々に、秦氏(はたうじ)の姓氏を与えて、これらの子孫の多くがこの地に住まいました。

 

腹部の地名は、秦氏の人々の住むところとして、機織部(はたおりべ)から成り立ったものと思われ、第19代允恭天皇の御代に、織部司(おりべのつかさ)に任ぜられ、諸国の織部を総領した「服部連(はっとりむらじ)」の本拠地が、服部です。

 

外来部族であった秦氏は、外来神であり医薬の祖神である少彦名命を崇拝していましたので、この神社は服部の家に古くからお祀りしていたものと思われ、その創建は、菅原公のご生前より遠く相当古い年代であったと推定されています。

 

 

菅原広とかって言うの霊験

 

豊中えびす祭

 

右大臣、菅原道眞公は、ざん訴に遭い、太宰権師(だざいのごんのそつ)として、左遷されることになり、京都から、はるか筑後の太宰府へ赴く途次、この辺りで持病の脚気に悩まされ、足がむくんで一歩も歩くことができなくなりました。

 

そこで、村人の勧めで医薬の祖神「少彦名命」を祀る服部の路傍(ろぼう)の小祠に詣で、一心にその平癒を祈願されたところ、不思議に痛みや、むくみが治り、再び健康を取り戻して、無事太宰府にお着きになったと伝えられています。

 

菅原公は、没後、北野天満宮をはじめとして、天神信仰が全国各地に起こり、路傍の小祠であったこの神社に、菅原公の霊を合祀し、「服部天神宮」として堂宇を建立し、菅公、脚気平癒の霊験」が広まり聞き伝えた人々の参拝で、次第に門前市を成す様になり、「脚気天神」「足の神様」として全国の崇敬を集めるようになりました。

 

能勢街道と服部天神宮と阪急電車の関係

 

江戸時代、大阪から池田・能勢・亀岡に通ずる主要幹線道路として、「能勢街道」は人々の往来繁く、この街道に面して、その道ほどの中間に位置した服部天神は、全国からの参拝者と、能勢街道往来人の宿場との、二つの兼ね備えて、境内外は非常な賑わいを呈し、旅籠、料亭、茶店が軒を連ねて、江戸中期から末期にかけて、その最盛期であったことは、神社に残された数多くの絵馬や、建造物や、道標が、これを物語っています。

 

また、現在の社殿も文政10年に建てられたものです。

 

全国各地から「足病平癒」「足の守護」を願って、長い期間、境内の旅籠に逗留して、願をかけ、無事平癒を遂げた人々が、お受けして各地に祀った「服部天神の御分霊社」は、今も全国各地に点在して、江戸、本所の安部氏(あべし)「この家の大名」武家屋敷内に祀られた分霊社に掲げてあった「雪舟服部天神」の扁額は、勝海舟ゆかりのもので、戦後、俳人、荻原井泉水によって、当神社に奉納されました。

 

豊中えびす祭

 

文化文政の頃、三代目中村歌右衛門の奉納した「みくじ箱」をはじめ、芸能人からの奉納品が、数多く残されており、「足」を大切にした「芸人、飛脚」などが、いかに当社を信仰したかを物語っています。

 

明治43年に小林一三によって開通した箕面有馬電気軌道は、殷賑(インシン)を極めた服部天神前まで、わざわざ三国から電車を迂回して駅を設けて、駅名を「服部天神駅」と名付けた程でした。

 

今日も、野球、サッカー、陸上選手、その他のスポーツマンを始め、「健脚」を祈る全国からの善男善女の参拝が絶えません。

 

※ここで記載している豊中えびす神社及び、服部天神宮についての記載内容は、服部天神宮境内の案内版を参照しています

 

 

詳しくは、是非とも、服部天神宮や豊中えびす神社へ足を運んで、ご確認ください。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

西宮神社えびす様の総本社
西宮えびす 2023えべっさんへのアクセス方法はこちら!西宮のえべっさんといえば、十日えびすでお馴染みのえびす宮総本社西宮神社です。この神社は日本全国のえびす様をお祀されている社の総本社になります。商売繁盛で笹もってこい!か福男にあやかるか、西宮神社に福をもらいにいきましょう。
廣田神社の行き方
廣田神社は、天照大神の荒魂を祀るスピリチュアルな超パワースポットです。神功皇后によって創建され、京の宮に対して、西の宮として、西宮市の名前の由来にもなっている神社です。えべっさんで有名な西宮神社は、元々、廣田神社の摂社です。詳しくはこちら。行き方と地図もご案内しています。
多田神社|清和源氏発祥の神社
兵庫県川西市にある清和源氏発祥の神社が、多田神社です。清和源氏といえば頼光が金太郎ら家臣を引き連れて、大江山で鬼退治したお話が有名ですが、その鬼の首を洗ったとされる池もこの神社内にあります。そんな多田神社のご利益はいかに?他にもある源氏の伝説がすごいですよ。是非ご覧下さい。
生田神社|恋愛成就のパワースポット
生田神社の初詣 2022へのアクセスはこちら!生田神社は神戸の地名の由来にもなっている神社。恋愛成就や縁結びでも有名ですが、その他様々な祈願が出来る神社です。平素はもちろん、新年のはじまりの初詣でには是非行きたい神社です。行き方や生田神社についての詳細をご紹介します。
伊勢神宮へのアクセス方法|超パワスポ
伊勢神宮といえば、お伊勢さん参りで有名な超パワースポット神社。その伊勢神宮への行き方やアクセス方法をご紹介。最近では、出川哲朗の充電させてもらえませんか?で、伊勢神宮が、稲垣吾郎さん、草g剛さん、香取慎吾さん登場の回のメイン目的地にもなっていました。是非、あなたも伊勢神宮を訪れていませんか?どうぞご覧下さい。
充電させてもらえませんか伊勢神宮まとめ
出川哲朗の充電させてもらえませんか?の伊勢神宮への参拝(お伊勢参り)で出川哲郎さんと元SMAPの稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾行の三人とで巡って立ち寄ったコースの場所をまとめてみました。三重県の観音山公園をスタートし、お伊勢参りをして、志摩半島の英虞湾の夕日を目指す旅はこんなでした。
今宮戎神社のえべっさん
今宮戎神社2023へ行こう!大阪のえべっさんといえば今宮戎神社の十日えびす。その今宮戎神社への行き方・アクセス方法から、秘密のご利益強化の参拝方法や、福娘や御朱印情報などお届け。商売繁盛で笹もってこいと福を授かりましょう。
大阪の大国主神社
大国主神社2022/2023へ行こう!種銭というお財布に入れて金運アップのお守りのご利益で有名な大阪の大国主神社へのアクセス方法や行き方はこちら。狛ねずみの居る大国主神社は、種銭の金運上昇で大阪のテレビでも話題になり御朱印も人気です。秘密の参拝方法もご案内。
京都ゑびす神社
京都ゑびす神社2023(通称京のえべっさん)へのアクセス方法・生き方のご案内です。その他、京都えびす神社独特の参拝方法やそのご利益なども併せてお伝えしております。京都のえべっさんといえばこちらへどうぞです。
厳島神社
国宝で世界遺産登録もされた厳島神社へのアクセス方法と行き方はこちら。厳島神社は、様々なご祈祷をしてもらえますが、日本の三大弁財天の一つでもありますので、特に財運や芸能のご利益に訪れる人も多いです。その財運をお願いする時に、知っておくとさらに良い日やお参り方法があるのご存じですか?それこっそり、教えちゃいます。
住吉大社
大阪の超パワースポットの住吉大社への行き方・アクセス方法のご案内と大阪で一番ともいわれる初詣や商売繁盛や財運祈願でのご利益でも有名な初辰まいりや住吉市戎などなどご紹介。 住吉大社の神様は住吉大神と神功皇后の4柱が4本宮に祭神として祀られ、その他、摂社・末社で多様なご利益を授かれる凄い神社です。
白崎八幡宮
白崎八幡宮のお守りが今話題。先のテニスの全豪オープンの際、優勝した大坂なおみ選手が会場でつけていたお守りが話題になり、それが山口県岩国市の白崎八幡宮のお守りだと判明。通販でも購入できるので気になる方は是非手に入れてください。詳しいことはこちら。
池田えびす
池田えびす祭り2023は、大阪府池田市の呉服神社の境内にある恵比寿神社で1月の9日10日11日に行われる十日恵比寿です。今年一年の商売繁盛と福を願って七福神の一柱でもあるえびす様にお参りしに行きましょう。アクセス方法と詳細については、こちらを是非ご覧ください。